読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぅちゃんの気ままブログ

つぅちゃんの好き勝手気ままブログです。

脳と体と時間

脳と体と時間

 

自分の頭の中でこの3つを連動させて考えてみると、

出てくる二文字は


老い


である。

というのは、悲しいぐらいに最近自らの老いを、脳と体から感じるからで、

嫌で仕方ながない。

脳でいえば、

物忘れが激しい。
英単語が覚えられないし、昨日の夕食に何を食べたかをすぐに言えない。
ましてや明日何を予定しているか、わざわざ手帳を見るまで思い出せない。
たまにいらっしゃるお客様の名前が出てこない。
支払い日を飛ばしてしまう。
エトセトラ、、、エトセトラ、、、。

己の脳ミソの機能の劣化を目の当たりにし過ぎて悲しいから、
まだまだあるが、やめておく。

体は体で、

階段を少し登るだけで息切れする。
無理して運動すると、2日してやっと筋肉痛がやってくる。
携帯を弄っていて、急に遠くの物を見ると視点が合わない。
白髪が増えてきて、髪に艶がなく、少し前髪が薄くなった。
月のモノは徐々に短くなり、、、
己の気も短くなり、、、
所謂更年期の入り口にるんだなぁ、、、と感じる。

これは本当に悲しい。

時間は誰にも平等で、老いも誰にも平等にやってくる。

そんなことは分かっていたはずなのだが、
脳の劣化や体の機能の劣化に、
このままどんどん老いがスピードを増してやってくるのではないかと日々恐々としている。

20代の頃、老年期に入ったお客様に、

今のうちに好きな事をしなさい!!!
少々無茶してでも大丈夫だから、色々経験して若い時期を楽しみなさい!!!

とよくアドバイスを頂いたが、
その当時の私には???であった。


あれから約20年経過した今、
ようやく、なるほどな、、、と思うようになった。

同じ様に、今の若い人に対して、
もっと今の時期を楽しんだらいいのに、、、と思う。

今となれば、脳も体も疲れを感じるのが早く、何か新しい事をしようとしても、
それを計画している時点で、だんだん面倒臭くなり、途中で投げ出してしまう事が多々ある。


全に対して億劫なのだ。


時間よ戻れ!!!
体力を戻れ!!!
美貌を戻れ!!!


戻れ!戻れ!戻れ!!!

 


戻るかっちゅーの。

 


そこで、時間の流れに逆らいはしないものの、
ある程度脳と体の劣化を遅らせる努力をしてはいる。

 

脳の劣化に対しては、
その著しい劣化を緩めるべく、
未だに英会話は続けている。


英会話と言っても、週に1度1時間アメリカ人とダラダラ世間話するだけなのだが、
小さな頃から英会話を習っていた私は、普通にあちらで生活出来る程度には話せるのだけれど、
やはりこれまた幼い頃から構築された英語を話すという脳のシナプスが劣化してきて、
どうもサッと単語が出てこない。

なので、ええっとあれあれ、ほらあれ、、、と抽象的に相手に説明し、
相手からそれは、〇〇。
と答えを頂く始末、、、。

けれどこれ以上の脳のシナプス劣化を防ぐため、毎週お金を払い、アメリカ人と世間話をしているのである。

ちなみに前回の2人の世間話のテーマは
多くのアメリカ人が思う、アメリカ三大恥ずべき歴史。

はっきり言って、私には同調しようにも、どうにも出来ないテーマでして、、、。

1、黒人奴隷制
2、ネイティヴアメリカン迫害
3、ベトナム戦争

これらがアメリカの三大恥ずべき歴史らしい。

最後の15分はずっとトランプの悪口言ってたな。
僕の祖父はメキシコ人。
トランプの祖父はドイツ人。
どっちも移民じゃーーーっっ!!!って。

私はただただ相打ちを打ってた。


話を戻して、
脳の劣化を防ぐのに極めて役立っているのは、大人になってからの言語習得。


中国語を習っている!


と言う事である。

英語と違い、幼い頃から始めた訳ではないし、
義務教育の必須科目ですらない、中国語。

この30歳を超えてからの、中国語のレッスンが、脳の劣化の防止に大いに役に立っているのである。


こちらも週に1度1時間中国人の先生から習っているのだが、

もう半端ないぐらいの集中力が必要で、
尚且つ記憶力も必要で、
私のガラクタみたいな脳は常フルスロットル状態。

レッスンが終われば、なぜかグッタリするあり様。


今月末、ひょんな事から中国語検定を受ける事となり、
お陰で、毎朝1時間試験勉強をするという、
脳の劣化を防ぐ為に最適なトレーニングを続けている。

と言うよりは、
正直な所、語学習得は私のただの趣味なのではあるが、
我ながら上手いように出来てるなと感心している。


一方体の方は体の方で、
体幹を鍛えるべく、週に4日ホットヨガに勤しみ、
パーソナルトレーナーをつけ筋トレをし、

しっかりマスターベーションもしている。

もうすぐ40歳にもなるのに、未だに組み手が見つからないので、1人で悶々とこなしている。

お陰で性欲は20代の若者には負けていない。

 

それなりに努力して、それなりに楽しんで、老化を食い止めようとしている。

 

老いは、肉体的にも精神的にも苦痛や恐怖を伴うが、
だからこそ、それに逆らうべくやっていったら、
案外素敵なおばさんになれる気がする。


時間は戻せないのだから、
上手に脳と体を鍛えて行こうと思う。


こういう事をいちいち書ける事自体に
自らの老いを1番感じるけどね(笑)